貯蓄の方法、家計簿を付ける

貯蓄の方法?家計簿を付ける?

貯蓄方法の一つに家計簿を付けることがあります。家計簿を付けると、自己管理もしっかり行えるので、無駄使いの予防のためにも効果的です。無理をして貯金するのもストレスが貯まりますが、収入が多いのに貯金が少ないのも困りものです。
理想的なのは、収入に見合った生活を送りながら、余ったぶんを貯蓄に回すことです。そこで役立つ方法が、家計簿を付けることです。

 

多くの人は、支出について深く考えることが少ないようです。使用した額について把握している人はほとんどおらず、あまり使った記憶がないのにお金がない、という状況になるケースは多いようです。
しかし、実際に家計簿を付けると、想像以上に無駄遣いをしていることが分かるケースがあります。自分の感覚だけでは無駄遣いの額は把握できないので、家計簿を付けることをオススメします。

 

家計簿には、食費・光熱費・衣服代・交際費などを別々の欄に記入していき、総合してどのくらいの費用がかかったか算出します。ここで、無駄使いを洗い出していき、貯蓄に回せる額を確保するのです。家計簿を習慣にすると、費用がかかる時期なども分かってきます。例えば、冬になると暖房費がかかる、夏になると食費が高くなるなどです。こうして見ていくと、家庭の生活スタイルまでもが把握できるようになります。
自動車税・固定資産税などの税金関連は、不足して納期に支払えない人が多いそうです。こうした人たちは、家計簿を付ける方法によって年間スケジュールを作っておけば、費用の捻出の面で有利になるはずです。


楽天オススメ商品

アドセンス広告