貯金箱でお金を貯める

貯金箱でお金を貯める

昔ながらの貯蓄方法といえば、貯金箱があるでしょう。子供のころ、貯金箱でお金を貯めた経験は、ほとんどの人があるでしょう。買い物のあとに貯まった小銭を入れておけば、意外と貯まるものです。例えば、買い物をして100円よりも小銭である50円・10円・5円・1円は貯金箱に入れてしまうという方法もあります。
ただ、5円や1円まで貯金すると、すぐに貯金箱が一杯になるわりに、たいして金額が貯まらないという事態になります。そこで、貯金箱に入れるのは50円以上など、自分なりの決まりを作っておくのもよいでしょう。

 

また、1日の小遣いが1,000円なら、そのうちの余った金額を貯金箱に入れる方法もあります。貯金箱を使った貯蓄法は、あるだけお金を使ってしまう人に効果的です。
効率的に貯蓄するには、期間や金額を決定しておくのがよいでしょう。そうしてハードルをクリアしているうちに、だんだんと貯めるコツも分かってきます。

 

貯蓄ができるようになると、節約も上手くなるはずです。節約が上手になれば、ますますお金が貯まりやすくなるはずです。
貯金箱が一杯になったら、銀行に預けるのがよいでしょう。1円玉を10000枚貯めていて預けても、引き落とすときは10,000円札として引き出せます。貯金箱を使った貯蓄方法は、かなり地味な感がありますが、最も手軽にできる方法です。しかも、一定の節約効果が期待できるので、無駄遣いを抑えるためにも有効です。


楽天オススメ商品

アドセンス広告