つもり貯金とは

つもり貯金について紹介

「つもり貯金」とは、お金を使ったつもりで貯蓄する方法のことを言います。例えば、外食をしたつもり、ショッピングをしたつもりなど、つもりの感覚で貯金していくのです。非常にシンプルな方法ですが、複数のパターンがあるので、自身のやりやすいパターンで実践しましょう。
つもり貯金の例には、喫茶店でコーヒーを飲むのを我慢し、そのお金を貯めておくなどです。これは喫茶店でなくても食事やショッピングなど、すべてに当てはまります。コーヒーの場合だと、月に4回(2,000円)の出費ならば、この金額分を貯蓄のほうに回せます。

 

喫茶店のコーヒーを我慢し、コンビニのコーヒーに代えれば、差額分を計算しても1回300円くらいの差になるでしょう。すると、月で1,200円以上は貯金できることになります。
つもり貯金が有効なのは、お金を貯めるだけではありません。ダイエットするとき、デザートを食べたつもりで止めておけば、貯金だけでなくカロリーを抑えることにもつながります。

 

このダイエット法は、本来ならば我慢することで蓄積するストレスを、お金を貯蓄するという満足感で紛らわせることが可能になります。いろいろなダイエットを実践しても続かなかった人にオススメの方法です。
また、食事をするときなど、2,000円を予算にしていた場合、1,800円で済んだら200円を貯金するという方法もあります。ほかにも、クジや無料のプレゼントなどに当選した場合、その商品を購入したつもりになって貯蓄するのも有効です。非常にシンプルな方法ですが、意外とお金が貯まるものです。


楽天オススメ商品

アドセンス広告