貯蓄方法、挙式のお金

貯蓄方法?挙式のお金?

結婚式はかなりの費用がかかるものです。特に日本の結婚式は豪華であり、披露宴なども含めると300万円くらいかかるのが平均のようです。
海外挙式の場合は、国内よりも安くなる傾向がありますが、それでもかなりの出費になるのは間違いありません。結婚式を理想どおりにセッティングすれば、かなりの費用になるのは確かです。

 

昔は、結婚式といえば盛大に行うものでしたが、今では少しずつ趣向が変わってきています。現在は、新郎新婦のオリジナリティを生かした結婚式がメインになってきています。
盛大な披露宴を開催するとなると、300万円くらいかかるのは当たり前です。挙式のための貯蓄方法は、どの程度の式にするかの規模によっても異なります。

 

結婚式の費用の目安は380万円くらいだとされます。これには、「婚約指輪」「結婚指輪」「結納」「挙式代金」などが含まれています。
そのうえ、新しい生活のための資金が160万円ほどかかるので、合計すると540万円も必要になるのです。この金額を貯蓄するとなると、しっかりと計画を立てた方法でなければ難しいでしょう。結婚式を身内だけで行う場合は、数十万円ほどで挙式が行えます。本格的な結婚式をやるなら、積み立てや定期などの方法によって貯蓄しないと厳しいでしょう。

 

■デパート(友の会)
月々の貯蓄のほか、余分に1か月分を積み立てられます。金利の面でも優遇されており、ハネムーン割引が適用になる旅行会社と協力するなど、サポート面も優れています。


楽天オススメ商品

アドセンス広告