貯蓄に有効な食事代の節減

貯蓄に有効な食事代の節減

食費というのは、想像している以上にかかっているようです。特に外食すると費用がかさみ、あとから計算してみると驚くことがあります。
家で食事を作るようにすれば節約になりますが、ここでも節約の方法があります。2010年4月のデータによると、会社員の昼食の平均額は500円だそうです。

 

これはコンビニの弁当よりも安い価格であり、以前と比較するとかなり低くなっています。これは、不況によって貯蓄が難しくなるなど、経済事情の悪化が関係しています。そこで、さらに安くする方法として、弁当の持参をオススメします。弁当の場合だと、1食300円くらいで作れます。

 

しかも、コンビニの弁当よりも量を多くできるので、満足感も高くなるでしょう。弁当の場合、食事バランスを整えやすいというメリットもあります。
コンビニの弁当から手作り弁当に代えると、月々で数千円の節約になるため、そのぶんを貯蓄に回せるでしょう。これならば、年間で換算すると数万円にもなり、自動車税と同じくらいの金額になるでしょう。自宅で料理を作るときは、食材を使い切ることが大切です。食材が余って捨てるようでは無駄が多くなります。

 

無駄を減らしたいなら、家庭菜園をするのもオススメです。家庭菜園だと、スーパーへ野菜を買いに行かなくてもカバーできる部分が多いので、トータルするとかなり節約できる方法です。
また、食品が腐らないように気を付けたり、ガスを使う時間を短くするなどの工夫も貯蓄のために大切です。例えば、鍋でお湯を沸かすときには、必ずフタをするようにします。フタをしないと沸騰までに時間がかかるので、ガス代が高くなります。


楽天オススメ商品

アドセンス広告