水道代で節約する

水道代で節約する

節約方法といえば、水道代をイメージする人も多いでしょう。一家の水道の使用量は、320リットル×人数だとされます。これは、入浴・洗濯・食事作りなどを含めた合計です。日本は、水が豊富にある国として知られており、キレイ好きな人が多いという国民性もあってか、世界の平均値である165リットルの倍近くにもなります。

 

日本は小さな国ながら、水の消費は世界のなかで4番に位置しています。ただ、消費量のなかには、無駄になっている部分も多いため、節約の余地はかなり残されているようです。
貯蓄を多くするためには、水道代をコストダウンするのがポイントです。例えば、洗顔や歯磨きのときに水を止めるようにします。これは洗面所やシャワーにも共通することです。こうした水道の使用は、想像しているよりも多いのです。水道の節約方法は、電化製品の節約よりもお手軽で、貯蓄効率も高まるでしょう。

 

水道代を抑えるためには、「節水コマ」を活用するのも便利です。これは水量を調整する器具のことで、これを利用するだけで1,000円以上(1か月あたり)もコストを削減できるのです。価格は安価なものでは100円くらいで販売されているので、つい水道を使いすぎてしまう人は、活用してみるとよいでしょう。
節水コマは無料で配っている自治体もあります。詳細は各自治体に連絡して聞いてみましょう。ほかにも、雨水を植物の水として利用したり、浴槽の残り湯を使用して衣服を洗ったりする方法もあります。こうした地味な方法でも、年間を通せばかなりの貯蓄につながるはずです。


楽天オススメ商品

アドセンス広告